水戸の梅まつり 2020

ネットニュースを見ていたら、ちょっと気になるニュースがありました。
茨城県水戸市にある偕楽園で2月15日から開催している「水戸の梅まつり」にあわせて、2020年の今年はオンデマンドバス(AI運行バス)やシェアサイクルの実証実験を実施しているそうです。

実証実験では、JR東日本のスマホ向けアプリ「常磐線でGO!」を使って、そのアプリの中の「水戸観光AI運行バス」「バイクシェア水戸」を紹介し、観光スポット間のスムーズな移動をサポートするとか。まだ始まったばかりで3月29日までやるそうですよ。

「常磐線でGO!」を使って、駅から観光スポット(観光地)への移動手段を手助けするということのようです。春なら電動アシスト付き自転車を貸し出すサービスのシェアサイクルならいいですよね。花粉がつらい方には大変かな?
そもそも花粉がつらい方は「水戸の梅まつり」には行かないですよね。

駅からの観光地への移動手段ってすごく大事だから、いろんなところでやってくれればいいのになと思いました。「水戸の梅まつり」へ行く方は、「常磐線でGO!」をダウンロードしてみてはどうでしょうか?