鋼の錬金術師展

実写映画化されて話題になった「鋼の錬金術師」。
4月18日には、実写映画化した「鋼の錬金術師」もDVD・ブルーレイで発売になりました。
連載終了から7年以上経っても、根強い人気がありますよね。
海外でも大人気です。

そんな「鋼の錬金術師」の漫画やアニメの資料を展示する「鋼の錬金術師展」が、「神戸ゆかりの美術館」で開催されています。
昨年、東京と大阪で行われたものを一部変更して、今回は全国を巡ります。

全国といっても、兵庫県、新潟県、愛知県、福岡県の4県で、日程はこちらの予定です↓
兵庫県「神戸ゆかりの美術館」
2018年4月21日(土)~7月8日(日)
新潟県「新潟市マンガ・アニメ情報館」
2018年7月14日(土)~8月19日(日)
愛知県「マツザカヤホール」
2018年8月22日(水)~9月9日(日)
福岡県「北九州市漫画ミュージアム」
2018年10月13日(土)~12月9日(日)

料金は、「神戸ゆかりの美術館」で、一般1000円、大学生500円、高校生以下無料となっています。「新潟市マンガ・アニメ情報館」「マツザカヤホール」「北九州市漫画ミュージアム」は、まだ、公式サイトにも出ていないので確認とれませんが、たぶん同じではないかと思います。

会場では、原作漫画を使って映像化された作品ラストの「真理の扉」シーンの上映やなどもあるのでファンにとってはたまりません。
予定を立てて、「鋼の錬金術師展」に行ってみませんか?


新幹線+宿泊セットプラン