クエン酸 骨粗鬆症予防

レモンには、ビタミンCが豊富ですよね。
美容効果だけでなく、生活習慣病を予防する健康食材としても注目されています。

近年の研究で、高血圧や肥満、骨粗鬆(こつそしょう)症の改善や予防にも役立つ可能性があることが分かっているそうです。
特に、レモンに豊富に含まれる「クエン酸」が、骨粗鬆症予防や対策として注目されています。

じつは、レモンより「クエン酸」が多く含まれるのが、シークヮーサーです。

シークヮーサーは、「クエン酸」も多く含まれますが、ビタミンの量と種類でも最高峰の柑橘類です。

「クエン酸」やビタミンを手軽に摂取できるシークヮーサージュースがあります。
もう少し知りたい方や気になった方は↓


天然の栄養素がたっぷり!青切りシークヮーサー100プレミアム

<クエン酸の効果>
骨づくりに大切な栄養素であるカルシウムは人体に吸収されにくく、食物から摂取しても約70%は体外に排出されてしまいます。
特に高齢になると、腸から吸収されるカルシウムの量は低下する傾向にあり、そうなると、体は骨に蓄えられているカルシウムを使って補おうとし、結果、骨粗鬆症になりやすくなります。
「クエン酸」には、カルシウムを水に溶けやすくする「キレート作用」と呼ばれる働きがあり、カルシウムの吸収を助け、骨の強さを示す骨密度を上げる効果が期待されています。

シークヮーサーやレモンを料理や飲み物に活用することで、家庭でも手軽に効果的なカルシウム摂取が可能になりますが、もっと手軽に「クエン酸」を摂取できる飲み物がありますよ。

それが、シークヮーサージュースの「青切りシークヮーサー100プレミアム」です↓


302個分のシークヮーサーを丸ごと凝縮!青切りシークヮーサー100プレミアム