青汁 飲みやすい

青汁といえば、健康にはいいが苦くて青臭いイメージが強いです。
中高年を中心に飲まれてきた青汁。

最近になって、おいしくて、飲みやすい、青汁をメーカー各社が新商品を出しています。

青汁が「まずい」と言われたのは、主原料に栄養豊富なのに、青臭さとえぐみが強い野菜のケールを使っていたためだそうです。
今は、においや味のくせが少ない大麦若葉を使うようになり、緑茶のような味で飲みやすい青汁が増えています。

ドラッグストアの青汁コーナーに行くとケールや大麦若葉の文字を見かけませんか?
最近では、フルーツなどの文字も見かけ、若い女性や子ども向けの飲みやすい青汁が出ています。

雑誌などでも飲みやすい青汁が掲載されていて、若者に人気の「ぺこ」さんをイメージモデルにしているフルーツ青汁<めっちゃぜいたくフルーツ青汁>などもあります。
国産4種青汁成分を含め美と健康に特化した商品で、中高年の飲み物や苦くてまずいなどの青汁のイメージを払拭し、フルーツ味で子供から大人まで飲みやすい商品になっているそうです↓


Clavisのめっちゃぜいたくフルーツ青汁