平昌パラリンピック メダル獲得

平昌パラリンピックが、9日に韓国の平昌五輪スタジアムで開会式が行われました。
過去最多の49カ国・地域から集まった約570選手が参加します。

日本勢が、早くもメダル獲得です。
平昌パラリンピックの10日に行われたアルペンスキー女子滑降座位では、開会式で旗手を務めた村岡桃佳さんが銀メダルを獲得し、11日には、アルペンスキー女子スーパー大回転座位でも村岡桃佳さんが銅メダルを獲得しました。
日本勢の今大会第1号メダルと今大会自身二つ目のメダルとなりました。

10日の男子滑降座位では、5大会連続出場の森井大輝さんが、4大会連続の銀メダルを獲得しました。通算4個目の銀メダルの森井大輝さんには、「シルバーコレクター」のニックネームがあるそうです。
まだ、残り種目の中に得意種目もあるそうなので、金メダルを獲得してほしいです。

早くもメダル3個獲得なので、前回の2014年ソチ大会の6個(金3、銀1、銅2)を超えるメダルを獲得できそうですね。日本選手の皆さんに期待したいです。