平昌五輪 女子マススタート

24日の平昌五輪、スピードスケート女子マススタート決勝で、日本の高木菜那選手が新種目のマススタートで金メダルを獲得しました。高木菜那選手は女子チームパシュートに続く2つ目の金メダルとなりました。五輪で日本の女子選手が同一大会で金メダル2個を獲得するのは夏季を含めて史上初の快挙だそうです。
佐藤綾乃選手は1回戦2組で転倒して残念ながら敗退でした。
日本勢は冬季五輪で史上最多12個目のメダルを獲得(金4、銀5、銅3)となりました。

マススタートは、幾多の選手が一斉にスタートし、規定回数である1周約400メートルを16周滑走し獲得ポイントでの順位を争う競技です。
今回の決勝は、16人が400メートルトラックを16周して、4周通過ごとに上位3人に中間ポイントを付与され、ゴール順による最終ポイントと合算して順位が決まります。1~3着はゴールと同じ着順となるが、4着以下は獲得ポイントで決まるそうです。

マススタートの見どころはどこなのかなと思いましたが、同じ国やチームの選手が作戦を立てて協力し合ったり、ショートトラックを特意としなくても、戦略次第で勝つチャンスが生まれるという部分なのかなと思いました。駆け引きの面白さがある感じです。見ていて目が離せなかったです。

今大会で妹の高木美帆選手が、金、銀、銅メダルを獲得。
姉の高木菜那選手は、マススタートと女子チームパシュートで2つの金メダルを獲得。
あらためて思いますが、すごい姉妹ですよね。