平昌五輪 メダルラッシュ

平昌五輪の第6日で日本勢は冬季五輪史上最多の一日4個のメダルを手にしました。

スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢さんとノルディックスキー複合個人ノーマルヒルの渡部暁斗はともに2大会連続の銀メダルを獲得しました。
金メダルまでにあと少しでしたが、2大会連続の銀メダルを獲得はすごすぎです!!
スポーツニュースでもやっていましたが、平野歩夢さんは今年1月のXゲームで世界で初めて連続での4回転技を成功させました。

スピードスケート女子1000メートルで世界記録保持者の小平奈緒さんが銀メダル、高木美帆さんが銅メダルを獲得しました。
高木美帆さんは、スピードスケート女子1500メートルの銀メダルに続きき2個目です。
小平奈緒さんには、18日の500メートルでも頑張ってほしいです。
日本の選手の皆さんには、この後もメダルラッシュを期待します。